弊社は「電気に生きる−電気とともに発展する社会と共生し、人々の暮らしに貢献する」という創業の理念を基に、配電制御にかかわる様々なシステムをご提供しています。

大正15年3月に創設されて以来、配電盤専業のリーディング・カンパニーとして、コンサルティング、設計、製造、販売、アフターサービスの一貫事業体制を日本で最も早く構築。高品質で信頼性の高い製品の開発と、充実したサービスを追及してきました。85年近くの歴史の中で営々と積み上げてきた納入実績は、業界トップクラス。日本各地のランドマークとなっている著名な建築物、公官庁・地方自治体の施設、地域再開発など数々の大型プロジェクトを、<かわでん>の配電制御システムが陰で支えています。

そして弊社は、社名を「株式会社かわでん」に変更し、新しい時代の配電盤メーカーへと生まれ変わります。以前より使用しているブランド名「KAWADEN」と社名との統合を図り、新しい会社のイメージを明確にするとともに、伝統あるブランドを継承するという二つの意味を込めています。新しい会社として、来るべきマルチメディア社会における電気エネルギーの安全性、クリーン性、省資源・省力性のニーズに応えるべく、国際水準、環境重視、先端技術の3つのテーマをさらに追求し続けます。すでに技術力、品質管理、環境管理において国際水準を業界に先駆けて達成。世界市場で通用する研究開発力と技術力に磨きをかけています。

平成8年12月、山形工場が品質管理の国際規格であるISO9001、平成9年1月には九州工場がISO9002(後にISO9001)を取得するなど、品質管理のたゆまぬ努力を続けて きました。また、環境重視の方針に基づき山形工場は、平成10年2月にISO14001を取得し、国際水準を誇る配電盤工場として確固たるものにしています。